初心者海外旅行文化の違い

文化の違い

海外旅先にも日本と同じように長く続く文化があって、様々な習慣や考え方、宗教、そしてタブーとされる事もあります。

日本人の感覚では普通のことと思ってやった事が大問題になってしまうという場合もありますので、旅行先の現地の情報は出来るだけ仕入れて勉強しておきましょう。

旅行先の情報は観光局などから情報を得たり、旅行会社に置いてあるパンフレット、図書館やインターネットでも現地の習慣や文化を事を知る事が出来ます。

現地の言葉も英語圏なら簡単な英語を知っているだけで旅の楽しさも違いますし、それ以外の言葉にしても、現地の挨拶や文化、習慣、日常会話程度を勉強しておけば失礼になるようなことは無いと思います。

現地で予想もしていないトラブルを引き起こしてしまっては、自分も現地の人も楽しくありませんそうならない為にも最低限のマナーやタブーを知っておく事は重要です。

文化・法律・習慣の違い

日本だ24時間営業のコンビニがあって土日でもデパートが開いているのが普通ですが、海外旅行先によっては日曜はほとんど店がしまっていたり、まだ早いと思っている時間に店仕舞いをするという国もあるので、滞在期間中が何曜日になるのかなども意識しておくといいでしょう。

そしてもしも体調不良になってしまったときなどの為に、薬を持っていっても持ち込めない物として引っかかってしまう場合があるのであらかじめ調べておくと良いでしょう。そして薬は必要最低限だけ持っていくようにしましょう。

そして持病などを持っていてどうしても薬を持っていかなければならない場合などは出来るだけかかりつけの医療機関などに英文の説明書などを付けてもらって一緒に持っていくようにしましょう。そうすれば入国審査の時などにも薬を持ち込みやすくなると思いますし、説得力もあります。

そして習慣的な事で注意したいことの1つに、男性の場合、レディーファーストというのがあります。日本にいるときには全く気にしない習慣と思いますが、海外だとレディーファーストというのは常識で当たり前です。ダメな男と言われてしまわないように気をつけましょう。

治安情報を入手しよう

海外旅行先の地域の治安が悪いので気を付けた方がいいといわれても私達日本人にはあまりピンときません。そしてこのような場所は基本的に旅行にも向いていません、大規模な災害の後でその地域一帯が無法地帯になってしまっていたり、内戦状態であったり、その国の政治が不安定な時であったりすると思います。そのような情報はインターネットやテレビ・ラジオのニュース、新聞など各種メディアを調べて見れば簡単に見つける事が出来ると思います。

そしてある町の特定のエリアだけ治安が悪いというパターンも少なくはありません。そういう場合には、現地のホテルや観光案内所などで行っては行けないエリアを教えてもらいましょう。
また、お金は掛かりますが、安全に旅をしたいという方におススメなのがエーゲ海クルーズです。エーゲ海沿岸を豪華客船で観光地を回るため、治安の悪い所には止まりません。

宗教

またこちらがあまり気にしていなくても宗教に関する事など、否定してしまっていたり侮辱するのはよくないので気を付けたいところです。国によっては、法律などで厳しい罰がある所もありますので注意しておかなければなりません。

写真撮影

写真撮影に関しても気を使わなければなりません、海外では、軍の施設や港・空港・政府の施設など国の防衛上重要な施設の撮影を禁止したり、制限している国もあります。写真撮影をする前に確認しておかないとカメラを没収されてしまう可能性もあります。

そして撮影禁止場所の近くであまりにも長い時間撮影しているのも怪しまれてしまいますので写真撮影するときにも気を付けましょう。

check


AGAの治療を大阪で受ける

最終更新日:2019/3/7