初心者海外旅行海外旅行保険

海外旅行保険

海外で事故や盗難に遭ったらと思うと不安ですよね。海外旅行には保険があります。その保険について紹介してみます。

海外旅行傷害保険とは

せっかくの楽しい海外旅行先でのケガや病気、そしてトラブルの損害賠償や盗難被害まで、海外で起こる様々な問題に幅広くそして金銭的なサポートをしてくれるのが、海外旅行保険です。

これは海外旅行に行く前にぜひ加入したい。というよりも、必ず入っておいた方が良いでしょう。海外でのトラブルの場合には医療費や損害賠償の額が桁違いな金額になってしまうことも珍しくないので、もしトラブルがあった場合や巻き込まれた場合に自分が持ってきているお金だけで乗り切るのは簡単な事ではありません。

トラブルに合わずに、無事に日本に帰国出来ることがベストなのですが、やはり右も左もわからない外国では予想もしない事が起こったりもします。突然の病気やケガの医療費、気を抜いてしまった時の一瞬の盗難被害などの補償をしてくれるのが必ず加入しなければならない基本契約・海外旅行傷害保険です。また日本語でサポートしてくれるなどのサービスがあるのも心強いポイントの1つです。

海外旅行の保険の種類

海外旅行保険には、必ず加入しなければならない基本契約(傷害保険)と、加入するかどうかを自由選択することができる特約(疾病保険、賠償責任保険、救援者費用保険、携行品保険など)があります。

クレジットカードを持っていたとしても、トラブルの時には、それだけではやはり心配です。

ここは、基本契約だけでなく、足りないと思う所の補償の上乗ができる分ぐらいは加入して置いた方が良いと思いますで、念のためコピーも取り保管しましょう。

基本契約と特約がセットになった保険が各保険会社に、各種用意されているので、海外旅行先の場所や治安の状況、旅行の目的に合わせて必要になりそうな保険を選択することが大事です。また自分が必要と思う保険だけを選んで加入する事ができるバラがけという加入方法もあります。

主な補償項目

○傷害治療費用
ケガをした時、病院での治療費の補償。

○疾病治療費用
病気になった時、病院での治療費の補償。

○賠償責任
誤って人にケガをさせてしまったり、物品への損害を与えてしまった時に、保険金が支払われる。

○疾病死亡・後遺障害
病気が原因での死亡、もしくは後遺障害が残った時に、保険金が支払われる。

○傷害死亡・後遺障害
ケガが原因での死亡、もしくは後遺障害が残った時に、保険金が支払われる。

○救援者費用
旅行中にケガ、病気で入院した時、親族が日本から現地へ向かう際の交通費および現地滞在費の補償。

○携行品損害
自分の荷物などが盗難に遭ってしまったり、持ち物の破損などの損害を受けた時の損害額の補償。

○航空機寄託手荷物遅延費用
航空機に預けている荷物の到着が遅れて、身の回りの物などを変わりに購入した場合の費用の補償。

○航空機遅延費用
航空機の遅延・欠航で、代替機も利用できない時の宿泊費や、食事代などの費用の補償。

○入院一時金
2日間以上ケガ、病気などで入院した場合に支払われる一時金。

海外旅行保険も万能ではない

海外旅行をするときには海外旅行保険には入った方がいいと散々言いましたが、海外旅行保険に入っているから大丈夫、全て安心というわけにはいきません。海外旅行保険に入っているたり、海外旅行保険付きのクレジットカードを持っているから安心と思っている方も多いと思いますが、この海外旅行保険も決して全てに対応する万能な保険では無いということも頭に入れておきましょう。

海外旅行保険がなんにでも使えるようなモノでないのは、それぞれの国の法律が日本の法律とは全然違っているということが珍しい事では無いからなのです。

そしてほとんどの海外旅行保険が旅行中の事故や盗難などに対しての保障になっているのですが、自分以外の家族、友人の持ち物等に対してまで、保障してくれるというパターンはほとんどないのです。レンタカーなどで事故を起こしてしまった場合に、保障をしてくれない場合だってあるということなのです。

自分が持っているクレジットカードの保障の内容や加入している海外旅行保険の適用される範囲は、自分でしっかり把握しておかなければいけません。このこともしっかり覚えておきましょう。

Favorite

2016/7/8 更新