初心者海外旅行海外旅行の準備

海外旅行の準備

海外旅行にパスポートは必需品です。ここでは海外旅行の準備をするうえで必ず必要になるパスポートの申請と書類についての紹介をしています。その他、海外旅行保険等の紹介も別ページでしています。あわせて準備して安心安全な海外旅行を楽しみましょう。

海外旅行の際は日本食が恋しくなるものです。

パスポート取得のための基本知識

パスポートは、海外で自分の身分の国籍・身分を証明をしてくれる唯一の公文書です。このパスポートの覚えておきたい知識です。

●パスポートの種類

有効期間が5年間のものと10年間のものの2種類のパスポートがあります。2006年からIC入りのパスポートになっていてパスポートの色の違いで有効期限の違いがわかります。赤い表紙のパスポートが10年有効のICパスポートで、紺色の表紙のパスポートは5年有効のICパスポートになっています。

ICパスポートというのは、ICチップの埋め込まれているパスポートのことで、このICチップによってパスポートの偽造等で他人になりすますのを防ぐ効果があるのを期待されています。

●20歳未満の方は5年有効のパスポートの申請しかできません。

年少者の場合は容貌の変化などが著しいという理由で、20歳未満の方の場合5年有効のパスポートだけが発給されることになります。

●パスポートは、海外で唯一の身分証明書

最初の方で書いてあるようにパスポートというのは、海外で自分が何者なのか(国籍、身分、氏名、年齢など)を証明することのできる唯一の公文書になります。そのため、海外では国内と違って実に様々な場所でパスポートの提示を求められることになります。

●パスポートは1人1冊

海外旅行をしようとする人は年齢に関係なく誰でも、パスポートが必要になります。0歳の赤ちゃんであったとしても必要になります。

●パスポートの残存有効期間の確認を忘れずに。

海外旅行の計画を建てる時は、その海外旅行先の国の条件と自分の持っているパスポートの有効期間の確認を早めにしておいて下さい。海外旅行したい国によっては、パスポートの有効期間が一定以上(3ヶ月から6ヶ月程度の例が多い)残っていなければならないとなっている場合があるので注意しておきましょう。

パスポートの申請

申請場所

自分の住民票を登録してある各都道府県のパスポート担当窓口でパスポートの申請をします。地域によっては、出張所が設置されている場合もあります。パスポートを取得する本人が申請へ行けない場合には代理人がパスポート申請することもも可能なのですが、パスポートの受け取りには本人が必ず行かなくてはいけません。

パスポートの申請に必要な書類

住民票写し 1通
・住民基本台帳ネットワークシステムに参加している市区町村に住んでいる場合には必要ありません。

戸籍謄本又は抄本 1通
・発行日から6か月以内のもの。

身元確認書類(運転免許証等)
・1つで確認できるもの:官庁発行の文書で写真の貼られているもの(運転免許証、住民基本台帳カード、宅建取引主任者証、無線従事者免許証など)。
・2つ以上必要なもの:官庁発行の文書で写真の貼られていないもの(健康保険証、年金手帳など)と、失効旅券・学生証等との組合せ。
・どちらもコピーは不可。

写真 1葉
・縦45mm×横35mm(ふちなし)のもの。
・正面、無帽、無背景で6ヵ月以内に撮影されたもの。
・白黒、カラーどちらでも可。
・写真の裏面に氏名を記入する。
・申請者本人のみを撮影したもの

未使用の郵便はがき 1枚
・郵便事業株式会社が発行する通常はがき。

一般旅券発給申請書 1通

印鑑が必要な場合があります

受け取り時の必要書類

旅券引換書
・パスポート申請時に渡される受理票。

旅券事務所から送付されてきたハガキ

手数料(収入証紙と収入印紙)
・10年有効のパスポートで1万6000円、5年有効のパスポートで12歳以上1万1000円・12歳未満6,000円。
・2,000円は都道府県の証紙で、残りの分は国の収入印紙で納付します。
・証紙・印紙売り場で購入することができます。

Last update:2016/7/8