初心者海外旅行旅のお金

旅のお金

全く行ったことのない外国に海外旅行をする人にとっては、現地で自分の生活の保障をしてくれるのは、たった1つお金だけです。海外旅行の最中は、ご飯を食べるのも、移動するにも宿泊するにも、何をするときでもお金が絡んできますから、その扱いには十分に気を付けていなければなりません。ここではお金の持っていき方と知っていると便利なお金の種類について紹介していきたいと思います。

お金の持っていき方

お金の持っていき方ですが、海外旅行先の通貨に両替しておいて、お金を持って行くのがベストの方法です。アメリカに行く場合にはアメリカドル、イギリスの場合はポンド、フランスだったらフランに両替して持って行けばいいのです。ただし、日本では両替することができない通貨(インドルピーやインドネシアルピーなど)もありますので、事前に確認しておく事がポイントです。

お金の種類

現金

海外旅行先に到着したらすぐに使う分の現金は、日本にいる時に銀行や空港であらかじめ両替しておくのがベストです。現地の空港にある両替所で両替する方法もあるのですが、混雑していたり、夜間や土日祝日の場合に閉まっていたなん事もあるので注意しなければなりません。

そしてチップを渡す時のことも考えて、小さい金額の紙幣も用意しておいた方がいいでしょう。ですが紛失や盗難された時の保障も効かないので、あまり高額の現金を持ち歩くのはオススメできません。

クレジットカード

クレジットカードは、海外旅行保険や割引特典が付いていたり、ホテルでチェックインする時やレンタカーを借りるときの身分証明書の代用もできて、かなり活用できるものです。

盗難に遭った場合や紛失してしまった時などでも再発行することができるので、自分のクレジットカードの緊急連絡先は必ずメモしておいて連絡出来るようにしておきましょう。このように非常に便利なクレジットカードなのですが、カードのトラブルも非常に多く後を絶たないので、商品を購入する時などは金額をしっかりと確認して、怪しそうな店では使わないような対策も必要になってきます。

紛失・盗難

万が一クレジットカードを紛失したり、盗難されてしまった場合には、カード会社の緊急連絡先へすぐ連絡して、カードの使用停止手続きをしておきましょう。 そしてカードが使用されてしまった場合に、付帯の保険で補償してもらうためにも、現地の警察に届け出をしておいて、盗難・紛失証明書の発行をしてもらう事をオススメします。

国際キャッシュカード

日本円で預金しているお金を現地の現金自動支払機(ATM)で現地の通貨で引き出せるカードが国際キャッシュカードです。海外だけで使えるタイプと、日本でも通常のキャッシュカードと変わらず使用できるタイプの2種類があります。

国際キャッシュカードの提携ATMが使用できる国をよく旅行するという方にはとても便利なものです。ただし、計画的に使わないと、1日の引出上限額の設定されたカードもありますので、必要な時にお金が引き出せないなんて事になってしまいますよ。

トラベラーズチェック(T/C)

 

このトラベラーズチェックというものは旅行小切手のことを言います。T/Cと表記する場合もあります。

トラベラーズチェックにはサインをする欄が2つあって、片方には最初にサインしておいて、トラベラーズチェックを使用する際にもう一方にサインをします。この2つのサインが揃うことで初めて使用できるお金になるので、たとえ紛失したとしても再発行することが可能です。

ホテルやレストラン、ショップで、現金と同じ感覚で使うことができるのですが、お店によっては使えない所もあるので事前に確認しておきましょう。このトラベラーズチェックで買い物したときのおつりは現地のお金になります。そしてサインは必ず商品を購入する時にしましょう。そうしないと盗難に合ったときに使用されてしまう可能性があります。

トラベラーズチェックの紛失・盗難

トラベラーズチェックが紛失してしまったり・盗難に遭ってしまったという場合には、発行している会社の現地支店に無くなったチェックの番号を伝えてトラベラーズチェックを無効にしてもらいます。
現地の警察にも届け出をしておいて、盗難・紛失証明書を発行してもらって、発行会社に再発行の申請を行ないましょう。